冬って乾燥する季節じゃないの?

乾燥するシーズンって誰しもが知っている常識だと思っていませんか?

正解であって実は不正解かもしれません。すみませんとても曖昧ですよねw

ここで何が言いたいかと言うと実は冬場のシーズンで乾燥しない地域があるって知っていましたか?

実はあるんです!

確かに冬に乾燥をしている地域も多いんですよ!しかし乾燥をしない地域も確かに存在します。

今回は冬に乾燥してしまう地域とそうでない地域との違いについて紹介したいと思います。

冬に乾燥してしまう原因とは?

冬に乾燥してしまう地域とそうでない地域が存在するには日本の地形に大きく関係しています。冬になると北からシベリアからくる湿った冷たい風が吹いてきます。冬は北風って聞きますよね?この湿った風は水分をたくさん含んでいます湿った空気は冷たい風にさらされて雪に変わって降ってきます。北側・日本海側はこのようなことで雪が降りやすくなる地域なのです。また、北側・日本海側はこのようなことから空気が乾燥してはいないのです。部屋で暖房やエアコンを使っていると部屋が乾燥をしてしまう事があります。特にエアコンは空気中の水分を取り外へ排出する特性があります。エアコンを長時間使用すると部屋は乾燥しやすくなってしまうのです。

湿った風が冷たい空気に触れて雪に変わり降ってきます。しかし日本の山を越える頃にはすっかり水分が抜けて乾いた風に変わってしまうのです。日本の南側では冬は乾燥してしまうのです。

夏にジメジメしてしまうのは?

冬に乾燥してしまう地域と乾燥しない地域があるのはわかりましたか?ではここで疑問がでてきますよね。夏にもジメジメとする地域とジメジメしない地域があるのではないのでしょうか。それはちょっと違うのです。夏になると南から湿った暖かい風が吹いてきます。この風は行き場がなく日本全体を包み込んでしまうのです。さらに夏は暑いですよね。水分が暑さで蒸発しやすくさらに空気中の湿度が上がってしまうのです。夏に来る台風がもたらす大雨の影響もあるかもしれません。

関連記事

  1. 唇の乾燥には