みなさんは便秘していませんか?

肌の調子があまり良くないと感じている人は便秘していたりしませんか?

便秘肌荒れって関係ないように感じて実は深く関係していることもあるのです。

今回は便秘が起こしてしまう肌荒れについて紹介したいと思います。

便秘と肌荒れの関係性

しばらく便が出ていないなぁと感じていませんか?3日以上、便が出ていないという方は要注意です!

お腹の中で食べたものが腐敗して溜まっている状態です。

こんなにはっきりと書いてしまうと怖いですよね?

溜まった便は腐敗してガスや体にとって悪いものまで出してしまいます。

また悪玉菌は食べ物のカスが大好物!お腹に溜まった食べかすを食べてどんどん増えていきます。

その悪玉菌から出される体にとって有害な物質が腸から血液に入り込み血管を通して全身にまわります

肌は1番最後に届く場所で肌細胞に有害な物質がどんどん蓄積されていきます。

耐えられなくなった肌はニキビや肌荒れといった肌トラブルになってしまうのです。

またターンオーバーも乱れてしまうのでニキビがなかなか治らなかったり肌荒れが改善されないといった長期戦になってしまいます。

腸内環境を整えることで腸内の悪玉菌からの有害物質の排出を抑え、肌荒れを予防する事が大切です。

腸内環境を整えるには

腸内環境を整えるには食物繊維を取ることが効果的です。

食物繊維は腸内の便を絡みこみ体外へ排出してくれる作用だけではなく、食物繊維は善玉菌の栄養素にもなるので腸内の悪玉菌を制御して腸内環境を整えるのに効果があります。

食物繊維にも水溶性と不溶性の2通りがあり、これらをバランスよく摂取することが大切です。

また、食事だけではなく生活習慣の見直しも必要かもしれません。

朝1杯の水を飲むことで腸を活発に活動する事もあります。

また、適度な運動も腸を動かすのには必要です。デスクワークばかりで身体をあまり動かさない方の腸の動きはよくありません。便秘に悩んでいる方は適度な運動を心がけするようにしましょう。

糖分や肉などの消化に時間がかかる食べ物は便秘の方にはあまりお勧めできません

しかしどちらも体にとっては必要な成分です。

便秘だなと感じたら控える程度に気を付け野菜などの食物繊維を摂るように心がけましょう。